ちょっとしたキッカケで理想の生活へ。

自分の殻を破って本当の幸せを掴む

OEM生産とは?ODMとの違いをわかりやすく解説

投稿日:

こんにちは、ゆっぴーです。

 

今回はビジネスに関心がある人なら耳にしたことがあるであろう「OEM」について、解説していきます。

 

アパレル業界などで使われる生産方法で有名ですが、似ている言葉として「ODM」と勘違いする人もいます。

そんなOEM生産とODM生産の違いについても説明していこうと思います。

 

OEMとは

OEMとはoriginal equipment manufacturerの略です。

OEMは自社商品を他の会社(OEM会社)に代わりに製造してもらうことを言います。

逆の立場から説明すると、OEMの会社というのは他社ブランドの製品をかわりに製造してあげているわけです。

アパレル業界で有名ですが、実は食品や家電や車など幅広く浸透しています。

 

このように基本的には2社間でやりとりがあります。

 

そこで、僕は疑問が発生しました。

「なんで自社で生産せず他社にお願いするの?」

って思いませんか?

 

他社にお願いするにはお金がかかるので、わざわざOEM生産にしなくてもいいんじゃない?

と僕も思っていました。

他社にお願いすると自社の利益は下がりますからね。

 

でも、そのお金を払ってまでOEM生産にするには理由があるんです。

 

OEM生産するメリット

依頼主の会社からすると、いきなり自社で製造するのにはリスクがかなり大きいんです。

 

まず製造場所の環境を整えるのにも莫大なコストがかかりますし、製造技術も最初はありませんよね。

その状態でいきなりコストをかけるのはかなりのリスクなわけです。

 

なので、製造場所も製造技術も既に持っている会社に製造をお願いする(OEM生産にする)わけなんです。

安定してきたら自社で製造場所を持って自社製造にすることもできますから。

 

依頼主がOEM生産するメリットは、その会社の時期によってもそれぞれ異なります。

時期別メリット

ビジネス初期: 自社で1から製造を開始するには製造技術や製造場所などを準備するのに時間がかかりますが、OEM生産にすることですぐに製造できます。

ビジネス成長期: ビジネスが安定し成長期に入ると、自社だけでは製造が追いつかないことがあります。このタイミングでOEM生産にすることで足りない分を他社に作ってもらうことができます。

ビジネス成熟期・衰退期: OEM生産にすることで、低コストで生産しつつ新商品の開発に集中することが可能になります。

このように、自社製造ではなくてOEM生産にすることで得られるメリットがあるわけです。

特に資金がない中小企業はメリットが大きいということです。

 

製造を代わりに行うOEM会社からしても、

・商品が売れれば大量に製造を依頼されるので収入が安定する

・余っている製造場所を活用できる(製造余力の活用)

・製造技術の向上

などのメリットがあるので、win-winの関係にあります。

 

ただし、依頼主の会社はデメリットも考えておく必要があります。

 

OEM生産のデメリット

依頼主の会社がOEM生産にするとデメリットも存在します。

他社に製造を依頼するということは商品の詳細などの企画設計を全てOEM会社に見せることになるので、OEM会社に商品の詳細が筒抜けなわけです。

秘密保持の契約などをしておかないと、いずれ自社の商品を真似されて競合になってしまう可能性があるということです。

 

 

ODMとは

ODMとはOriginal Design Manufacturingの略です。

OEMとは違い、製造だけではなくて製品開発も代わりに行います。

なので、販売以外のほとんどを他社にやってもらうということですね。

 

パソコン業界や携帯電話業界で浸透している生産方法です。

 

ODMのメリット

依頼主の会社からするとODM生産することで、

自社に製品開発ノウハウや製品製造の技術がなくても自社ブランドを作ることができるということです。

だからマーケティングさえできれば利益を出せるということです。

 

例えば「新規事業として自社の化粧品を作りたい」という会社がいるとします。

マーケティングの能力があるけどそれ以外の商品開発や製造の技術がないという場合にはODM生産が向いているということになります。

 

依頼されるODM会社からしたら、一度手がけた業界の商品開発から製造までノウハウとして蓄積できるので、別分野にも応用ができるというメリットがあります。

どんどん別分野に発展して事業を拡大していけるということです。

 

ODMのデメリット

ODM生産を依頼する会社のデメリットはあまりありませんが、強いて挙げるとすれば販売能力つまりマーケティングスキルがないと利益が出せないということです。

 

 

まとめ

このようにODMは開発から製造まで自社でする必要がないので、依頼者の負担は大幅に軽くなります。

個人でビジネスをするならこのようにリスクをできるだけ減らすようにした方がいいです。

 

ODMと似ている仕組みになっていて、個人でも参入しやすいネットビジネスがアフィリエイトです。

アフィリエイトとは他社商品を代わりにネット上で販売するだけなので、商品開発も必要ないし製造も必要ありません。

しかもネット上で販売するので店舗も必要ありません。

リスクがないのでビジネスとしての参入障壁が圧倒的に低いんですよね。

僕がアフィリエイトを推奨している理由の1つでもあります。

アフィリエイトの詳細はこちらの記事で解説しています。

 

というこでOEM・ODMについて解説してみました。

参考になれば嬉しいです。

 

ネット収益で理想の生活を手に入れる方法

ネットでの稼ぎ方を身につけ、理想の生活を手に入れましょう。

今なら全7回の動画講義に無料で参加できます。

>>詳細はこちら<<

Copyright© 自分の殻を破って本当の幸せを掴む , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.