ちょっとしたキッカケで理想の生活へ。

自分の殻を破って本当の幸せを掴む

WEB広告は自分で出せる?サイトに出てくる広告の仕組み

投稿日:

ブログやらニュースサイトを見ていると、広告を見ることがありますよね。

かつての初心者ゆっぴーはこんなことを思ってました。

 

「だれがこの広告出してんの?」
「サイトとかブログ運営者はどうやってお金もらってんの?」
「どんなお金の流れがあるの?」

 

では、web広告のお金の流れを解説していきたいと思います。

 

登場人物は2種類

web広告の説明をする上で、登場人物は大きく分類すると2種類しかありません。

(DSPやSSPという登場人物もいるんですが、シンプルに説明するため今回は省略します)

 

それがこの2種類。

「広告枠を売る側の人」

「広告枠を買う側の人」

 

枠という言い方をしているのは、広告が表示される領域のことだと思ってください。

 

広告枠を売る側の人はサイト運営者です。

 

ではサイト運営者がどうやってマネタイズしているか解説していきます。

 

広告枠を売る側の人

サイト運営者が広告枠を売ってマネタイズする方法は、

①サイト運営者は自分のサイト内の広告枠を売る

②売る相手は色々あるが有名どころはグーグル(グーグルアドセンス)

③グーグル(グーグルアドセンス)の広告がクリックされたらサイト運営者にお金が入る

という仕組みになってます。

 

ブロガーが自分のサイトにアドセンスを貼っているのはこれが理由という訳です。

 

ただ、アドセンスはクリックされるだけで収入が入ってくる一方で単価がめちゃくちゃ低いです。

1クリックあたり数十円なので、アドセンスだけで稼ぐのはかなり難しいです。

 

だから、これからアフィリエイトで稼ごうと思っている方はアドセンス(クリック課金型)ではなくて、

成果報酬型がメインになると思っておいてください。

 

クリック課金型や成果報酬型の違いについてはこちらの記事で解説しています。

【アフィリエイトとは】始め方・やり方を初心者向けに解説

 

広告枠を買う側の人

広告枠を買う側の流れは、

①広告枠を持っている会社(グーグルとか)から広告枠を買う

②支払いは自分の広告の表示回数やクリック回数などで決まる

という仕組みになってます。

 

広告アフィリエイトとは

実は、個人でも広告枠を買うことができます。

つまり広告枠を買ってアフィリエイトすることもできるというわけです。

 

買うことができる広告枠は色々あって、

例えば、誰かのサイト上のアドセンス枠とかグーグルの検索結果画面とかSNS上の投稿上とか・・・

まあ色々あるわけです。

 

広告アフィリエイトについてもっと知りたい方はこちらの記事↓

広告を使ったアフィリエイト

 

ということで、今回はWEB広告の仕組みについて解説してみました。

参考になれば嬉しいです。

 

ネット収益で理想の生活を手に入れる方法

ネットでの稼ぎ方を身につけ、理想の生活を手に入れましょう。

今なら全7回の動画講義に無料で参加できます。

>>詳細はこちら<<

Copyright© 自分の殻を破って本当の幸せを掴む , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.